立山連峰をバックに梨



いや〜ぁ、美味しかったな〜ぁ、、梨
アピタで買って持っていったやつなんですが、みずみずしくて、、
って、梨にピント合わせてどうするの!

立山にピントを合わせて撮り直し



今週のサンデー山歩きは白馬岳。
頑張って昨夜8:30に家を出て(ワンコ達にご飯をあげて)、今日の8:30に帰って来ました。ちょうど24時間の山遊び、、もちろん、車中泊。

天気良かったなぁ、大雪渓もドピーカン!



暑〜て、2L用意した水が綺麗サッパリ無くなりました。
でも、ここは先週の朝日と違って水は豊富なもんで、洗顔^^



白馬岳登頂は3度目なんですが、この前に行ったのがちょうど5年前、怪我した翌年ですね。あの頃リハビリ登山としてあっちこっちの山たくさん登ったんですが、その一環でした。でも、あの時は大変でした。なんてったって左足、膝下プレート入れて、ボルト11本で固定されてるんですから、ブレースでしっかりガードして、Wストックでやっと頂上を踏み、死にそうな思いで下った記憶があります。

そして、5年経った本日、プレートもボルトもまだ入ったままだけど、ブレースは取れ、ストックは一応2本用意して、登り5時間半(花の写真撮影に随分と時間を取った)、下り3時間15分、なんか楽勝だったなぁ^^。



本日のルート
先週の朝日に比べたら距離も標高差もあるんだけど、やっぱ朝日の方が断然きつかった。時間も朝日の方が2時間以上余計に掛かってる。白馬は登り返し無いし、根っこは無いし、石そんなにズレないし、たまに飛んでくるけど、気温低いし(標高1000m違うから)、視界はいいし、山でかいし、その割に傾斜緩いし、、^^。
おじさん・おばさん・山ガール・山ボーイいーっぱい居ました。
朝日なんて沢屋ぐらいしか居なかったもん^^。

昨日のサンデー山行きは朝日岳

朝日岳と言っても日本中にたくさんあって、その中の群馬県みなかみ町にある標高1,945mの朝日岳です。ルート図によると片道5時間掛かるコースであり、ここミソね。つまり往復10時間以上掛かる山歩きとなります。

その朝日岳、11年前に1度登ってます。その時は行き4.5時間、帰り4.5時間で行って来ました。登りと下りの時間が変わらないって言うのも、この山、ミソです。

土合駐車場7:30出発、まずは松ノ木沢の頭より目差す白毛門をバックに。



白毛門山頂は沢屋が分捕り素通り、次のピーク笠ヶ岳にて昼食。でも、ここにも沢屋が居て…。って言うか、沢屋って、なんでみんなピークで荷物おっ広げて休むんだろう?。沢ん中の方がよっぽど気持ちいいと思うけど。

って訳で、パイ缶食って出発。



いや〜ぁ、朝日岳は遠かった。やっぱ11年の年月と膝の怪我は効いた。あの時4時間半で行った道のりを6時間半掛かってしまった。14時朝日岳山頂に到着。



朝日岳山頂は高層湿原が広がる天井の楽園、花は季節柄、薊と岩菖蒲ぐらいしか咲いてなかったけど、稚児車の穂が風に揺れ…、いいんだよな〜ぁ。写真を撮って、水を補給して、靴ひもを締め直して、さて、帰るか〜ぁ!。



朝日岳出発14:30、ここで最初のミソが2つ関わってきます。ルート図によると逆も5時間、で、行きと帰りの時間が変わらない。理由は白毛門と朝日岳間は小ピークが限りなく有る。そして土合・白毛門間は見上げるような直登。なんせルートラボによると土合・朝日岳間での平均斜度25%もある。トータル標高差1600m近い。辿り着いただけでヒクヒク言ってる両足に鞭打ち、頑張ったよ。5時間で帰って来たよ。もちろん、最後ナイターだったけど^^。

距離 13.4km
最大標高差 1300m
平均斜度 上り 25.3%
獲得標高 上り 1579m
日時 2012年9月9日 07:28:54 ~ 19:37:36
所要時間 12時間8分42秒
平均速度 1.1km/h

季節は蝉からコオロギへ

ワンコ達は変わらずゴロ寝

20120908-000759.jpg

今週のサンデー山行きは日光白根山

 今週は疲れも溜まってるし、夕べ飲み会(飲み放題の)だったし、ワンコ達は立て続けに生理が来てるし、どこへも行かずにのんびりゴロゴロする予定だった。

 なのに、朝6時半頃起こされて「やっぱどっかへ行こう…」って、どこ行きゃいいんだ?。武尊か?。30分で用意して、7時出発、コンビニ寄って、登り始めが9時?。どこから登ってもお昼までには山頂に着きゃしない。他の山は?。日光白根は?。ゴンドラ使えば3時間もあれば登れそうだなぁ。よし、そうしよう。

 って訳で日光白根山行きに決定。でも、実は日光白根登った事無いんだよね^^。ゴンドラ山頂駅まではスキーで行った事あるんだけど、その先は未知の領域です。

 噂では鹿さんがたくさん居るらしいなぁ。鹿煎餅でも用意してくれば良かったかなぁ。天然の鹿はそんなの食べないかなぁ。でも、奈良の鹿だって天然だよなぁ。とか何とか言ってるうちに山頂駅です。



 これより未知の領域、いきなり二荒山神社。



 日光白根って、シラネなんとかって名前が付いた花がたくさんあるくらいですから、さぞやたくさんの花が咲いてる…と思ったら、一面「カニコウモリ」と「ハンゴンソウ」ばっか。否、別に「カニコウモリ」と「ハンゴンソウ」がどうこうって訳では無いんですが、これだけ咲いてると「鹿め、シラネアオイばっか食わねぇで、少しはこっちも食えよ…」と言いたくなる。

 これがその「カニコウモリ」。葉っぱがカニの甲羅の形をしている「コウモリソウ」って意味なのだそうだが、「コウモリソウ」って言うのは葉っぱがコウモリの形してるから「コウモリソウ」なのであって、こいつは「カニノコウラソウ」でもいいような気がするが。



 そして、これが「ハンゴンソウ」。漢字で書くと「反魂草」で、反魂と言うのは魂を呼び戻すって意味で、3つに分かれた葉っぱが少しうなだれて、それが手招きするような仕草に見えるので、魂を呼び戻す「反魂草」と名付けられたらしい。
 アサギマダラとハンゴンソウ。



 先週の湯ノ丸は、明らかに平均年齢自分達より高かったんですが、今日の日光白根は、圧倒的に平均年齢若い。何てったって、子供やら若い衆(別名:山ガール&山ボーイ)がわんさか居て、いいことだ。



 ゴンドラ山頂駅を9:40に歩き始めて、ちょうどお昼に山頂でした。ここでお昼を食べても良かったんですが、ちょっとガス気味だった合間から五色沼の姿が見えちゃって、どうせならあそこまで行こうって事になりました。



 五色沼、Goodです。2人合わせて100歳越えているのに…、映画は2人で行けばいつでも1000円で見れるのに…、オグナの1日券はいつでも半額なのに…、ついついはしゃいでしまいます^^。。



 そして、本日のお弁当は、急遽「赤城SA」で買った「井上食堂の上州めし」。釜めしよりは圧倒的に軽く、ただ縦にしないように注意する必要だけはあった。



 そして、そして、日光白根の鹿さん。天然の鹿なんて山歩きしてれば然程珍しくないんですが、これだけ近づいてもまったく警戒する素振りの無い鹿は奈良公園以外では初めて見ました。そのうちここでも煎餅売り出すようになるかなぁ。そしたらシラネアオイ食われないようになるかも^^。


 
 
 本日のログ。
 全行程5時間31分でした。
 故郷の山に登りて言うことなし、故郷の山はありがたき哉

 

湯ノ丸山&烏帽子岳

今期初無雪期登山、
のどかだぁ…。



蝶々がたくさん
本当はもっと珍しいのが3種類程いるらしいのだが、
パンケーキではとても追いきれず、接写出来たのはこの3種のみ。
クジャク、ヒョウモン、アサギマダラ







湯ノ丸山、実は登山と言う程な山では無く、ハイキング?
蝶を追いかけ、花の写真を撮りながらも1時間半程度で登っちゃった。

でも、山頂11時じゃぁ、何も食べる気しない、
隣の烏帽子まで行けばお昼頃になるかな?
と言う事で、「峠の釜めし」烏帽子岳山頂にて食う^^。



烏帽子岳山頂、
晴れたり程よく陰ったり。



もう随分前に買ったNew登山靴、やっと履く事出来ました。
こんどは来週、また晴れたらいいね。



本日のログ
8.9kmしか無かったんだねぇ、5時間も掛けて^^。

 

青ペプシ大人買い

最近コンビニのペプシはカロリーオフばっかしでけしからん。
だいたいカロリーオフのコーラ飲むぐらいならサイダー飲めばいい。
カロリーあってのコーラ、夏場などカロリー増量して欲しいようだ。

久々に見た青ペプシ、残暑これで乗り切れるか!( ^ ^ )/
20120812-150414.jpg


昨日は前橋花火を遠目で眺めつつNon.no Italiano
代表してお肉。
20120812-150935.jpg


今日は迎え盆行って来た。
アニーだけ連れて。
20120812-150623.jpg


そして、これから千葉。。。
 

八月の空は悲しみいっぱい

今日は67年目の原爆の日、
原発よりも原爆を無くそう。


八月の空の下、ワンコ達がいつまでも元気に走り回れますように。




しかし、今日の六里ヶ原、気温27℃、我が家のワンコ達には暑すぎた
早々にテーブルの下の日陰に避難。




仕方ないので、もっと標高の高いところに移動
高峰高原、標高約2000m、ここならどうだ!

気温20℃です。
快適^^

思わずワンコ達とハイキングコース歩いてしまった。



お花もいっぱい咲いていました。
ゼンテイカ



ヤナギラン



マルバタケブキ&アサギマダラ



笹原の中をカルガモの子供の様にゾロゾロ付いてくる3ワン
いい運動になったかな?




しかし、下界、小諸へ降りると再び暑!
気温32℃…
ワンコ達にとって受難な季節はまだまだ続く。


 

return top