タグ ‘ YUSHI CAFE

cafe巡り

11月に入って武尊も薄ら雪化粧、行かなくてよかったなぁ。
行ってたら、スキー持たないのえらく後悔するとこだった^^。

そんな武尊の薄ら雪化粧を遠目に見ながら昨日は18号を信州へと行って来ました。
新蕎麦が美味しい季節です。

いつもの「奈賀井」です。
田舎蕎麦と更科の2食盛りです。




そして、やはりいつもの、、って、5回目ぐらいですけど^^
望月の「YUSHI CAFE」です。
夏場は野菜置き場になっていた薪ストーブに火が入ました。



iPhone5になってカメラにパノラマ機能が付きました。
でも、これ、必ず左から右に振らなくてはダメなんですね。
とりあえず120°程の「YUSHI CAFE」店内。



そして、右から左へ振ると、なぜか、こんな縦長の写真になります。
帰りに寄った白衣観音。




本日3軒目はcafe「観音茶屋」です。
高崎・麹屋さんの麹だけを使った本物の甘酒です。
これを頂く為だけに清水の石段615段登る価値多いに有りです。
(軟弱な人は、店の前まで車で横付けも出来ます^^)




あっ、犬の写真が無い。
1日前の写真ですが、ミルポンが子犬みたいになった写真です。
隣はちっこいチベタン、アニポンです。
ヘレンはアニポンの2倍ぐらいあります、、毛玉が^^。




「降る雪や明治は遠くなりにけり」

子供の頃「明治は遠くなりにけり」と言う言葉をよく聞いた。でも、それがちゃんとした俳句だと知ったのはずーっと後、大人になってからだった。

「降る雪や明治は遠くなりにけり」
これは俳人・中村草田男が昭和6年(明治が終わりちょうど20年)、雪の日に母校(小学校)を訪れ、そこで明治の終わりをしみじみと感じ詠んだ句のようだ。

そして、今、昭和が終わって23年。母校・大類小学校へ行っても昭和の終わりは特に感じないだろうけど…。


「YUSHI CAFE 昭和は遠くなりにけり」










「YUSHI CAFE」そこは時々田能久さんのBlogに登場していて、ちょっと気になっていたお店でした。場所は信州・望月、わざわざ行くにはちと遠い。でも、今日、丸子の先まで蕎麦食べに行って、ちょうど帰り道なので寄ってみた。

何だろう、昭和30年代あたり?、そう、こんなだったよなぁ。
なんなんだろうこの心地よさ、吹き抜ける風までもが昭和…。

危ない!、遠くで良かった^^。

天井を見るとうちと同じ板張りだった。聞くと、この建物祖父が建てた物で築60年とか。そう、我が家も築48年。まだ新建材など存在しない時代の建物。って事は、うちもこんな雰囲気なCafe出来るのか^^。






田能久さんのリクエストに応えて、トイレと洗面台
トイレは大きい方、、きっと、元は浴室だったんだろうね、ここ。




 

return top